ブルーベリーに含まれる抗酸化作用の働き

MENU

抗酸化作用とはどのような働きのことか

ブルーベリーに含まれる「抗酸化作用」の働き

 

ブルーベリーは非常に濃い青紫色が特徴です。

 

この青紫色を構成している成分はアントシアニンと呼ばれるのですが、そこには非常に優れた抗酸化力が備わっていると言われています。

 

では抗酸化力とはどのような働きのことなのかと言うと、これは活性酸素を抑制したり、そのダメージを緩和する力のことです。

 

紫外線を浴び過ぎたり、強いストレスを感じたり、食品添加物を摂取したりすると、人間の体内には活性酸素と呼ばれる、非常に酸化力の強い物質が大量に発生します。活性酸素は量が適切だと、人間の免疫機能を助けるなど体にとって良い作用をもたらします。

 

しかし量が増え過ぎると、その強い酸化力で体の細胞や血管などを酸化、すなわち錆びつかせてしまいます。そうすると、それが原因で様々な支障が体には発生しやすくなってしまいます。抗酸化作用はもともと、人間の体にも備わっています。

 

しかしそれは生活リズムの乱れや加齢などで少しずつ、低下していきます。ですから健康維持のためにこれを補うことは、非常に重要です。

抗酸化作用と目の関係

活性酸素は体中に発生しますから、これは瞳にも該当することです。瞳は意識的に瞼を閉じていなければ、常に外部にさらされている部位です。

 

そのため紫外線にも無防備であるため、活性酸素はとても発生しやすいと考えられます。

 

加えてスマートホンやパソコンと言った端末、その画面から発せられているブルーライトと呼ばれる強い光は、活性酸素を大量に発生させる種類の光であるとも言われています。

 

こうした光にさらされることで瞳に活性酸素が大量に発生すると、とても目は疲れやすくなります。目の細胞、血管が酸化してしまうため、本来の機能を果たすことが難しくなってしまうためです。

 

更に特定の部分の細胞が変質してしまうことは、黄斑変性症や白内障などの眼病のリスクを高めることにつながるとも言われています。

 

よって瞳に対して抗酸化作用を取り入れることは、その健康を守るためには欠かせないことだと考えられます。ブルーベリーが瞳の健康に良いと言われているのも、こうした理由があるためです。

ブルーベリーから抗酸化作用を摂取する方法

ブルーベリーから抗酸化作用を効果的に摂取する方法ですが、実はその中に含まれているアントシアニンの量と言うのは、ブルーベリーの品種によりかなり異なっています。

 

ですがアントシアニンは色素ですから、色が濃いブルーベリーを選択した方が良いのは確かです。

 

しかしそれでも、抗酸化作用を期待するのであれば1日60〜300gのブルーベリーを食べる必要があると言われています。ブルーベリーは小粒とは言え、毎日、この量を摂取し続けると言うのはなかなか大変なことです。

 

これが乾燥したブルーベリーになると12〜25g、ジャムの場合は40〜90gとされているので、もし果実そのものから摂取したいと言う場合は、乾燥したブルーベリーを利用すると良いかもしれません。

 

そして最も手軽さと効率の良さを望むであれば、サプリメントがおすすめです。

 

サプリメントの場合だと、そこから摂取できるアントシアニンの量が明記されているので安心です。またサプリメントであればアントシアニン以外の、ブルーベリーに含まれている様々な栄養の摂取も期待できます。