ルテインの一日の摂取量の目安

MENU

ルテインの働きについて

ルテインは緑黄色野菜などに含まれている色素で、パソコンなどから発せられる有害な光から目を保護したり、加齢が影響する目の病気にも効果を発揮する成分です。

 

ルテインはカロテノイドという天然色素のひとつで色は黄色の成分です。

 

特に多く含まれているのは緑黄色野菜です。ほうれん草や人参、かぼちゃなどの緑黄色野菜の他に、植物の緑の葉やマリーゴールドなど黄色の花弁、卵黄などにも含まれています。ルテインは体にも存在している成分で、目の網膜の中心部や水晶体に存在し、特に黄斑部に多く存在しています。主に視機能があり黄斑部は視力や色覚など視覚に影響しています。

 

ルテインの一日の摂取量の目安

 

目に存在するルテインは紫外線やパソコンやスマートフォンなどのブルーライトなどの光を吸収し、これらの高エネルギーの光によって発せられる活性酸素を除去して目の健康を維持することが期待できます。緑茶にも含まれていたり体内にも存在していますが、体内で合成することができないため食べ物などから摂取する必要があり、加齢によっても減少するため目の健康のためにも食事やサプリで継続的に摂ることが大切です。

一日の摂取量と副作用について

ルテインは食事から摂ることが良いことですが、仕事などで忙しいと栄養バランスを考えて食事することが難しい場合はサプリで補助することも良い方法です。一日の摂取量目安は6mg?10mgで、加齢黄斑症を予防する場合にも一日6gが推奨摂取量です。

 

ルテインを6mg摂る場合、ほうれん草で考えるとサラダボウル5杯分になります。これだけのほうれん草を摂るのは大変なことなのでサプリや健康食品を上手に活用すると効果的に摂取することができます。

 

脂溶性なので油を使った料理で摂ることで効率よく吸収することができますが、体内に吸収されてから何らかの原因で減少するため、減少することを考えて一日の摂取量は10mg?20mg程度が好ましいと言えます。

 

すでに目に疾病がある場合は一日20mgの摂取が良いことです。サプリを上手に活用することは良いことですが、基本は食事から摂取することで食事から摂取する場合は過剰摂取の心配はありませんが、サプリを活用する場合は用法や用量を守って過剰摂取にならないように注意します。

ルテインの効果について

ルテインの効果には加齢黄斑症予防、白内障予防、コントラスト感度改善、美肌などが期待できます。

 

加齢黄斑症は年齢を加齢することで目の黄斑部の働きに異常が起こって視力が低下する病気で、高齢者が失明する原因にもなります。一日10mgを他の成分と一緒に12ヶ月間摂ったところ加齢黄斑症の症状が改善されたという研究報告もあるほどです。

 

白内障は目の水晶体が年齢と共に白く濁り視力低下となる病気で、ルテインは眼球に入る有害な光を吸収し白内障の予防が期待できます。ハッキリとした輪郭を持たずに濃淡のハッキリしない模様を識別できる能力を評価したものがコントラスト感度で、これも加齢で45歳を過ぎると急激に低下しますが、摂取することで改善することが期待できます。

 

目に効果的な成分ですが、皮膚にも存在しており肌の酸化や光のダメージから肌を守っています。肌にくすみやシミを発生させる物質が低下することで美肌効果を得ることも期待できます。