アントシアニンを含む食材とは

MENU

アントシアニンを含む果物

果物でアントシアニンが多く含まれている食材としては、ブルーベリーがあげられます。

 

アントシアニンを含む食材とは?

 

アントシアニンが含まれる代表的な食材です。ブルーベリーの場合にはそのまま食べることもできますし、ジャムにして食べるという方法もあります。ヨーグルトなど、すぐに食べられる状態にしてあるものもたくさん発売されていますので、手軽に摂ることができます。

 

アントシアニンがたくさん含まれている果物には、ビルベリーというものもあります。

 

ほかにも、ブドウなどにも含まれていますし、カシスにも含まれています。アメリカンチェリーやイチゴ、アサイーベリーやプルーンといった食材にも多く含まれています。アサイーベリーには鉄分や食物繊維、カルシウムなども含まれていますし、アントシアニンの含有量も多いです。

 

冷凍で売られていたり、スムージーとして売られていたりするので手に入りやすくなっています。一年を通して生の食材として手に入れるのは難しい食材が多いですが、冷凍されているものやジャムなどを利用すれば比較的、利用しやすい食材があります。

アントシアニンを含む野菜

野菜にもアントシアニンを含むものがあります。ナスにも含まれていますし、赤紫蘇などにも含まれています。紫色の色素のなかに含まれていますので、紫いもや紫キャベツ、紫玉ねぎといった紫色の野菜にも多く含まれています。赤大根や赤かぶ、紫人参などにも含まれています。

 

黒豆にもたっぷり含まれています。小豆にも少量ですが含まれています。

 

生のまま食べられるような野菜もありますが、黒豆のように火を通して調理して食べる物もあります。梅干しには赤紫蘇が使われていますので、梅干しを食べることで間接的に少量ですがアントシアニンを摂取していることにもなります。

 

少量であれば色々な物から摂ることも可能ですが、たっぷりとなると季節のことやカロリーのことがありますので、工夫しなければ難しいものがあります。黒豆の煮物など作るのが大変という物もあります。こまめに摂りたいという場合には、まとめて作っておいて冷凍して分けて食べるなどの工夫をするとよいです。

アントシアニンの摂取方法

アントシアニンを含む果物や野菜はたくさんあります。

 

しかし、果物や野菜は一年中、いつでも手に入るものばかりではありません。

 

冷凍食品を利用したり、ジャムなどの加工食品を利用したりすれば、一年を通して食べることもできますが、必要な量を継続して摂るのは大変です。

 

カロリーや糖分のことが気になる方はそちらも意識しなければいけませんので、ジャムや煮物といった物は取り入れにくいという場合もあります。果物や野菜から摂るのは難しいという場合に便利なのがサプリメントです。

 

サプリメントであればカロリーのことや糖分のことなどを細かく気にする必要はありません。また、たっぷりのアントシアニンを無理なく摂取することができます。食材から摂取するという方法もありますが、継続して無理なく摂りたいのであればサプリメントがおすすめです。

 

継続しやすい無理のない摂取方法を選びたいのなら、アントシアニンのサプリメントを探してみるとよいです。